TEAMWORKERSご利用規約

経営通信社タイアップ

株式会社ヘノブファクトリー(以下、「当社」といいます。)は、当社のウェブサイト上で運営する 「TEAMWORKERS (チームワーカーズ)」 (以下、「TWS」といいます。)の利用について、以下のとおり利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定めます。
本規約は、TWSを安心、安全、円滑にトラブルなく利用するためのものであり、利用者は、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することを同意してTWSを利用するものとします。なお、TWSを利用した場合には、本規約を遵守することに同意したものとみなします。

第1条(定義)

「本サイト」 : 当社のウェブサイトをいいます。
「TWS」 : 当社が本サイト上で提供する「TEAMWORKERS(チームワーカーズ)」のことを言い、ウェブサイトの改善や運営代行を主な目的として、企業とワーカーが共にウェブサイトの効率アップに取り組むためのコラボレーションプラットフォームです。
「本サービス」 : 当社がTWSにおいて会員に対して提供する各種サービスの総称のことをいいます。
「会員」 : TWSの所定の会員登録手続きを行って当社から登録の承諾を受けた個人又は法人のことをさし、下記のクライアントとワーカーを含みます。
「クライアント」 : TWSを通して業務を委託し、又は委託しようとする個人又は法人をさします。
「ワーカー」 : TWSを通して業務を引受け、又は引き受けようとする個人又は法人をさします。
「登録情報」 : 会員登録手続で入力・提供された一切の情報をさします。
「個人情報」 : 個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
「秘密情報」 : 会員が本サービスを通じて他の会員やクライアント、ワーカーから得た、技術、開発、製品、営業、計画、ノウハウなどに関する一切の情報のことをいいます。

第2条(本規約の適用範囲及び変更)

1.本規約は、TWSの利用に関し、当社及び会員に適用されます。会員は、TWSを利用するにあたり、本規約に従うものとします。
2.当社が別途本サイト上に掲載する個別規定及び追加規定は、本規約の一部を構成するものとします。本規約とこれら個別規定又は追加規定が異なる場合には、個別規定又は追加規定が優先するものとします。
3.当社は、会員の承諾なく、随時本規約を変更することができるものとします。当社は、本規約を変更したときは、変更後の規約を本サイトに掲載する方法により通知するものとし、通知が完了した時点で変更の効力が生じるものとします。

第3条(本サービス)

1.当社がTWS上で提供する本サービスは、以下のサービスのことをいいます。
(1) ウェブサイトの運営を委託したいクライアントとそれを在宅で支援するワーカーのマッチング
(2) クライアントのウェブサイトの診断及び分析
(3) クライアントのウェブサイトの運営代行 (以下、「運営代行」といいます。)
2.当社は会員に通知することにより、いつでも、本サービスの内容を追加又は削除することができるものとし、当該追加又は削除により会員に損害が生じても一切の責任を負わないものとします。

第4条(会員登録)

1.TWS及び本サービスは、会員のみが利用することができるものとします。
2.TWSを利用しようとする法人又は個人(以下、「入会希望者」といいます。)は、以下に定める内容及び別途当社が定める手続きにしたがって、会員登録手続きをするものとします。
(1) 本規約を熟読し、その内容を理解し、これを遵守することが必要です。なお、入会希望者は、TWSの会員登録画面の「利用規約に同意します」にチェックし本規約の内容への同意を表明することにより、本規約を遵守することに同意しているものとみなされます。
(2) クライアントは会社登録画面、ワーカーはワーカー登録画面より、会員登録のために必要なものとして当社が定める必要事項をすべて入力してください。
なお、入力内容に誤り又は不備があったことにより入会希望者が不利益を被ったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(会員登録の承諾)

1.入会希望者が、前条第2項に従い会員登録手続きを行った後、当社は、入会希望者の会員登録の審査を行います。当社は、会員登録を承諾した場合、入会希望者に対してID及びパスワードを発行し、登録情報のメールアドレス宛てに送信します。ID及びパスワードが入会希望者に到達した時点をもって、入会希望者は、会員資格を取得するものとし、以降、本規約の定めに従いTWS及び本サービスを利用できるものとします。
2.当社は、入会希望者が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、入会希望者の会員登録を認めないことがあります。
(1)入会希望者が実在しない場合
(2)入会希望者がすでに会員になっている場合
(3)入会希望者が、過去に、本規約違反、契約上の債務不履行等により、会員資格の停止を受け、又は会員資格の抹消が行われたことがある場合
(4)登録情報に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合
(5)入会希望者が制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人)であり、会員登録手続きの際に法定代理人、保佐人又は補助人の同意等を得ていない場合
(6)その他、入会希望者を会員とすることを不適当と当社が判断した場合
3.当社がいったん会員登録を承諾した場合であっても、会員が前項に定めるいずれかの事由に該当することが判明した場合、当社は、当該承諾を取消し、発行済みID及びパスワードを抹消し、無効とすることができるものとします。

第6条(会員資格の停止及び抹消)

1.当社は、会員が以下の各号のいずれかに該当する場合又は該当する恐れがあると当社が判断した場合は、会員資格の一時停止又は抹消、課題等の削除等を行うことができるものとします。
(1) 前条第2項に定める事由のいずれかに該当する場合
(2) ID及びパスワードを不正に使用し又は使用させた場合
(3) 手段を問わず、TWSの運営を妨害した場合
(4) 業務報酬の支払い、その他本サービスの利用に関連して会員が負担する債務を期日までに支払わない場合
(5) 法令又は本規約に違反した場合
(6) 不正行為があった場合
(7) 他の会員や第三者から受ける苦情が、故意・過失を問わず当社が定める一定水準を超えた場合。なお、この苦情には、ワーカーについて当社がクライアントから受ける業務水準、業務速度、業務品質に関する苦情が含まれます。
(8) 当社が定める一定期間内に一定回数以上のログインがなかった場合
(9) その他、会員として不適格であると当社が判断した場合
2.当社は、前項の定める処置により生じる損害について、一切の責任を負わないものとします。

第7条(登録情報の変更)

1.会員は、登録情報に変更のあった場合は、遅滞なく、当社が定める手段によって当社に届け出るものとします。
2.会員は、前項の届出を怠った場合に、当社からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。

第8条(会員の退会)

会員が退会を希望する場合には、当社所定の方法により当社に届け出るものとします。但し、会員が退会の手続きを行った時点で、退会することが第三者の不利益になると当社が判断する場合は即座の退会はできず、当該不利益を解消すべく会員が一連の手続きを遅滞なく進め完了させた後、退会手続きを行うものとします。

第9条(ワーカーによる本サービスの利用)

1.ワーカーが本サービスを利用する場合、会員登録後、別途、当社が指定する資料の提出と、当社が開催するガイダンスの受講が必須になります。
2.ガイダンス受講後、当社と、別途、業務委託契約を締結することで本サービスの利用が可能となります。当該委託契約の規定は本規約の規定に優先して適用されるものとします。

第10条 (クライアントによる本サービスの利用)

1.クライアントが本サービスを利用する場合、会員登録後、別途、当社が提供するクライアント用のガイダンスマニュアルに従って利用するものとします。
2.クライアントは、会員登録後、初回のウェブサイト診断は無料で利用することができます。
3.クライアントがTWSで運営代行を利用する場合は、当社が提案するプランから選択するものとし、第11条の規定に従うものとします。

第11条(クライアントによる運営代行の利用)

1.クライアントがTWSで運営代行を利用する場合、原則として、クライアントと当社が業務委託契約を締結するものとし、当社は、当該委託業務の一部をワーカーに再委託し、当社とワーカーが共同で業務を遂行するものとします。なお、ワーカーは、第三者に業務を処理させてはならないものとします。
2.当社とワーカーの業務分担は、原則として、前条第3項に規定する各プランの分類に拠るものとし、具体的な業務内容については、別途締結する個別業務委託契約にて取り決めるものとします。
3.前2項において締結する業務委託契約の規定は、本規約の規定に優先して適用されるものとします。
4.クライアントは、ウェブサイトの運営代行に関して、業務内容、スケジュール等の必要事項をTWS上で入力し、その業務を遂行するに相応しいワーカーを当社が選定します。
5.会員又は過去に会員であったものは、当社が事前に承諾した場合を除き、TWSを利用せずに他の会員又は過去に会員であったものと直接に業務委託契約を締結する行為を行ってはならないものとします。
6.クライアントは、ウェブサイトの運営代行の内容を指示するときは、虚偽の内容を記入してはならないとともに、指示した内容に変更を加える場合には速やかにTWSを通じて伝達するものとします。
7.クライアントは、以下のいずれかに該当する事由がある場合、又は当該事由があると当社が判断した場合、当社がその理由を開示することなくウェブサイトの運営代行を承諾しない場合があることを予め了承するものとします。
(1)運営代行の依頼内容に虚偽、誤記又は記入漏れがあった場合
(2)運営代行の依頼がクライアント本人以外の第三者により行われた場合
(3)クライアントが運営代行の代金の支払い又は本規約上の義務の履行を怠る恐れがある場合
(4)クライアントが過去に本規約に違反したこと等により本サービスの利用制限を受けていた場合
(5)クライアントに対して運営代行の提供をすることが当社の業務遂行上又は技術上支障がある場合
(6)その他、クライアントの業務発注を承諾することが適切でないと当社が判断した場合
8 当社は、クライアントが以下のいずれかに該当した場合、事前に通知することなく運営代行の全部又は一部の中止、運営代行依頼不履行賠償請求等の適切な措置をとることができるものとします。なお、当社は、当該クライアントに対して、当該措置に関する理由を説明する義務を一切負わないものとします。
(1)前項のいずれかに該当する事由があることが判明した場合
(2)本規約に違反した場合
(3)その他、当社が当該措置をとる必要があると判断した場合
9 前項の措置がとられた場合であっても、当該措置がとられた時点ですでに発生していた運営代行代金の支払義務は消滅せず、クライアントは当社に対し、当該措置を受けた後直ちに運営代行代金を支払わなければならないとともに、当該措置を受けた時点で運営代行代金が支払い済みであったとしても、当社はクライアントに対して支払い済みの運営代行代金を一切返還しないものとし、クライアントは予めこれを了承するものとします。

第12条(運営代行のキャンセル)

クライアントが運営代行の依頼をキャンセルする場合は、前条第1項の業務委託契約及び前条第2項の個別業務委託契約の規定に従うものとします。

第13条(運営代行の納品物)

運営代行の納品物は、原則として、オンラインでの当社指定のサーバへのアップロード又は電子メールでの送信による納品とします。ただし、個別に納品方法についてクライアント及び当社双方が同意した場合には、上記以外の方法により運営代行の成果物の納品をすることが可能です。

第14条(運営代行の代金の支払い)

クライアントは、業務委託契約締結時の合意内容に基づいて、運営代行代金を支払うものとします。

第15条(本サービスに関する知的財産権)

1.TWS及び本サービスで当社が作成・提供する画像、テキスト、プログラム等に関する著作権等の一切の知的財産権はすべて当社に帰属するものとし、予め当社より書面による承諾を得た場合を除いて、これらの複製、販売などはできないものとします。
2.前項に違反した場合、当社は、商標法、著作権法等に基づき、警告、告訴、損害賠償請求、差止請求、名誉回復措置等請求等の処置を行うことができるものとします。

第16条(運営代行の成果物に関する知的財産権及びその利用)

1.運営代行の業務遂行の過程で生じた発明その他の知的財産又はノウハウ等(以下、あわせて「発明等」という。)に係る特許権その他の知的財産権(特許その他の知的財産権を受ける権利を含む。但し、著作権は除く。)、ノウハウ等に関する権利(以下、特許権その他の知的財産権、ノウハウ等に関する権利を総称して「特許権等」という。)は、当該発明等を行った者が属する当事者に帰属するものとします。
2.クライアント及び当社が共同で行った発明等から生じた特許権等については、両者共有(持分は貢献度に応じて定める。)とします。この場合、クライアント及び当社は、共有に係る特許権等につき、それぞれ相手方の同意及び相手方への対価の支払いなしに自ら実施し、又は第三者に対し通常実施権を実施許諾することができるものとします。
3.当社は、第1項に基づき特許権等を保有することとなる場合、クライアントに対し、クライアントが本サービスの成果物を使用するのに必要な範囲について、当該特許権等の通常実施権を許諾するものとします。なお、かかる許諾の対価は、委託料に含まれるものとします。

第17条(著作権等の権利の帰属)

1.運営代行業務の成果物に係る著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、クライアント、ワーカー又は第三者が従前から保有していた著作物の著作権を除き当社に帰属するものとします。
2.当社は、予めクライアントとの間で定めた範囲につき、クライアントによる当該成果物の利用を無償で期限なく許諾するものとします。かかる利用について、当社は、著作者人格権を行使しないものとします。
3.当社が、業務を委託するワーカーを選考するための過程で、複数のコンテ等の企画案(以下、「企画案」といいます。)がクライアントに提示される場合、当該企画案の著作権はワーカーが保有するものとします。
4.本サービスを通じてワーカーが納品した成果物、企画案、各種課題について、当社は、本サイトや販促物に掲載する等、当社が本サービスの広告宣伝等のために必要と判断する利用目的に、無償で永続的に利用できるものとします。また、かかる利用に際して、ワーカーは当社に対して、著作者人格権を行使しないものとします。

第18条(業務委託に関する法令の遵守)

本サービスを通じて行われる取引が、下請代金支払遅延等防止法の対象になるときは、親事業者となるクライアントは同法を遵守するものとします。

第19条(監視業務)

会員は、本規約に違反する行為の有無を判断するために会員が本サービスにおいて掲載するデータ等を当社が閲覧する場合があることを予め了解するものとします。但し、会員が公開を限定しているデータについては、原則として当社は機械的にクロール等による確認のみを行い、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請があった場合を除き、第三者が利用者の許可なくこれを閲覧することはありません。また、当社は不適切なデータについてこれを監視及び削除する義務を負っているものではありません。

第20条(利用環境の整備)

会員は、TWSを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において準備し、TWSが利用可能な状態に置くものとします。また、会員は、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して本サイトに接続するものとします。

第21条(ID及びパスワードの管理)

1.会員は、自己のID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
2.会員は、ID及びパスワードの貸与、譲渡、名義変更、売買又は質入れしてはならず、また、方法のいかんを問わず第三者に利用させてはならないものとします。
3.ID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、会員が負うものとし、当社はその責任を一切負わないものとします。
4.会員は、ID又はパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社から指示を受けた場合には、これに従うものとします。

第22条(秘密情報の取扱い)

1.会員は、本サービスを通じて会員間及び当社との間で連絡を取り合う場合、相手方から開示された秘密情報については秘密として保持し、事前に当該相手方の書面による承諾を得ることなく第三者への開示又は漏洩をしてはならないものとします。
2.次の各号に定める情報は秘密情報から除外します。
(1)開示者から開示を受ける前に、被開示者が正当に保有していたことを証明できる情報。
(2)開示者から開示を受ける前に、公知となっていた情報。
(3)開示者から開示を受けた後に、被開示者の責に帰すべからざる事由により公知となった情報。
(4)被開示者が、正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手した情報。
(5)被開示者が、開示された情報によらず独自に開発した情報。
3.会員が本条第1項の規定に違反したことにより会員その他の第三者との間で紛争が生じたとしても、当社は一切の責任を負わないものとし、利用者の責任と費用でこれを解決するものとします。

第23条(個人情報の取扱い)

1.当社は、会員の個人情報を、別途本サイト上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
2.個人情報を収集または利用する目的は以下のとおりです。
(1) 当社の商品・サービスに関するお客様からの問い合わせへの回答や連絡を行うため
(2) 当社の商品・サービスに関するアンケートを実施するため
(3) 当社の商品・サービスに関する広告・宣伝を含む電子メールを送信するため
(4) 当社の商品・サービスに関する開発・改善を目的とした調査・検討を行うため
3.当社は、利用に際し、必要な範囲で個人情報を業務委託先に預託することができるものとします。
4.当社は、個人情報の提供先及び利用目的を通知した上で、会員の承諾を得ない限り、他の会員及び第三者に個人情報の開示又は提供しないものとします。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1) 法令又は官公署の命令により開示が求められた場合
(2) 本サービスの提供の目的で本サービスの一部を委託する第三者に提供する場合
(3) 他の会員や第三者に損害を発生させたり、本サービスの運営を妨げるような行為をした場合
(4) 本サービスの利用を通じて発生した問題を解決する場合
5.当社は、会員の個人情報の属性の集計、分析を行い、個人が識別または特定できないように加工したもの(以下、「統計資料」といいます。)を作成し、サービスの品質向上又は新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用することがあります。また、当社は、かかる統計資料を業務提携先等に提供することがあります。

第24条(通知・連絡方法)

1.当社から会員への通知・連絡は、本規約に別段の定めがある場合を除き、登録情報に登録された電子メールアドレス宛の電子メール、登録された住所宛の郵送、本サイトへの掲載、又はその他当社が適当と認めるその他の方法により行います。
2.会員が当社に連絡する場合は、電子メール又は郵便を用いて行うものとします。当社では、当社が特に必要と認めた場合を除き、電話、来訪による連絡は受付けておりません。

第25条(禁止事項)

1.会員は、本サービスの利用にあたり、以下に定める行為を行ってはならないものとします
(1) 本サービスを利用する権利を第三者に譲渡若しくは使用させること、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供すること。
(2) 当社、他の会員又は第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
(3) 他の会員又は第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
(4) 特定個人の氏名・住所・電話番号・メールアドレスなど第三者が見て個人を特定できる情報を第三者に提供する行為。
(5) 一人の会員が複数のメールアドレス等を登録して重複して会員登録を行う行為。
(6) 会員資格を停止ないし無効にされた会員に代わり会員登録を行う行為。
(7) 他の会員又は第三者を差別若しくは誹謗中傷し、又は他者の名誉若しくは信用を毀損する行為。
(8) 本サービス又は他者の情報を改ざん、消去する行為。
(9) 当社又は他者になりすます行為(詐称するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)。
(10) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他者が受信可能な状態にしておく行為。
(11) 他者に対し、無断で、広告・宣伝・勧誘等の電子メール又はメッセージ(以下、「電子メール等」といいます。)若しくは嫌悪感を抱く電子メール等(その恐れのある電子メール等を含みます。)を送信する行為。他者の電子メール等の受信を妨害する行為。連鎖的な電子メール等の転送を依頼する行為及び当該依頼に応じて転送する行為。
(12) 他者の設備若しくは本サービス用設備(当社が本サービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器及びソフトウェアを言い、以下同様とします。)に無制限でアクセスし、又はポートスキャン、DOS攻撃若しくは大量のメールを送信等により、その利用若しくは運営に支障を与える行為、又は支障を与える恐れのある行為。
(13) サーバ等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為。
(14) 本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段(いわゆるフィッシング及びこれに類する手段を含みます。)により他者の登録情報を取得する行為。
(15) 当社が事前に書面をもって承認した場合を除き、本サービスを使用した営業活動、営利を目的とした本サービスの利用、又はその準備を目的とした本サービスの利用をする行為。
(16) 法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続きが義務付けられている場合に、当該手続きを履行せずに本サービスを利用する行為。その他当該法令に違反する、又は違反する恐れのある行為。
(17) 本サービスの運営を妨害する行為。他の会員又は第三者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為。信用の毀損又は財産権の侵害等のように、当社、会員又は第三者に不利益を与える行為。
(18) 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、又は義務や理由のないことを強要し、当社の業務に支障を来たす行為。
(19) 口コミサイトやブログに、ある商品又はサービスについて実際のものより著しく優良・有利だと誤認させる内容を記載することを依頼する行為。
(20) 上記各号の他、法令又は本規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発する恐れのある情報又は残虐な映像を送信又は表示する行為や心中の仲間を募る行為等を含みます。)。その他の迷惑行為。
(21) 上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます。)を助長する目的で他のサイトにリンクを張る行為。
(22) その他、当社が不適当と判断する行為。
2.会員の前項に違反した行為に起因して当社、他の会員又は第三者に損害が生じた場合、会員はすべての責任を負い、当社は一切責任を負わないものとします。

第26条(罰則規定)

1.会員が以下のいずれかに該当する場合、当社は、何らの通知又は催告をすることなく、当該会員に対して、本サービスの利用の一時停止、会員登録の取消、本サービスへのアクセスの拒否、TWS上における作品等の掲載情報の全部若しくは一部の削除、変更又は公開範囲の制限等、必要な措置をすることができるものとします。
(1) 第5条第2項に定める事由のいずれかに該当する場合
(2) 第25条第1項に定める行為を行った場合
(3) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(4) 本サービスの利用に際し、当社からの重大な指示等に従わなかった場合
(5) その他の事由で当社が会員による本サービスの利用を不適切と判断した場合
2.前項に基づく当社の措置に関する質問、苦情は一切受け付けておりません。なお、会員は、当該措置によって被った一切の損害について、当社に対して賠償請求を行わないものとします。
3.当社は、会員が本規約違反等の悪質な行為を行っていると判断した場合、当該会員に対して法的措置を検討するものとします。
4.会員は、会員が本規約違反等の行為を行ったことにより当社に損害(第三者に損害が生じ、その損害について当社が補填した場合を含む。)が生じた場合、その一切の損害について、当社に対して賠償する責任を負うものとします。
5.会員は、会員が第11条第5項に違反した場合、違約金として当該取引金額に対する当社手数料の2倍に相当する金額か金100万円のいずれか大きい方の金額(当社手数料相当額の算定が不可能な場合は金100万円)を当社に支払うものとします。

第27条(本サービスの中断・変更・停止・終了)

1.当社は、システム障害及び保守、停電や火災などの天変地異、その他の技術上・運営上の理由により、本サービスの提供が困難であると判断した場合、会員への事前通知を行うことなく本サービスの中断を行う場合があります。
2.当社は、第24条に定める方法にて、事前に会員に通知することにより、本サービスの中断、変更、停止又は終了を行うことができるものとします。
3.当社は、本条に基づき当社が行った措置に起因して会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第28条(免責事項)

当社は、以下に定める事項に起因又は関連して発生した会員の損害について、一切の責任を負わないものとします。
(1) 戦争、暴動、自然災害など不可抗力により、本サービスの提供を、遅滞、変更、中断、若しくは廃止した場合
(2) 電気通信事業者が提供する役務の不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合
(3) 会員の過失によるID又はパスワードの紛失又は使用不能により本サービスが利用できなかった場合
(4) 会員の費用と責任において準備した通信機器、パソコンその他の機器、ソフトウェア等の不具合、トラブル等により本サービスが利用できなかった場合
(5) 本サービスにおける会員の自らの行為
(6) 会員同士の通信及び活動等
(7) 本サイトから、又は本サイトへリンクしている当社以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその安全性、正確性、最新性等

第29条(損害賠償)

1.本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流失若しくは消失、又はその他本サービスに関連して発生した会員又は第三者の損害について、別段の定めがある場合を除いて、当社は一切責任を負わないものとします。
2.会員が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、会員は自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えないものとします。
3.会員が本規約に違反したことによって当社に損害を与えた場合、当社は会員に対して損害賠償の請求ができるものとします。

第30条(反社会的勢力の排除)

1.当社は、会員が以下のいずれかに該当する場合、何らの催告をすることなく、会員に対して、本サービスの利用停止又は登録の取消をすることができるものとします。
(1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、「反社会的勢力」という。)に属すると認められるとき
(2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められるとき
(3) 反社会的勢力を利用していると認められるとき
(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
(6) 自ら又は第三者を利用して、当社又は当社の関係者に対し、詐術、暴力的行為、又は脅迫的言辞を用いたとき
2.当社は、会員が自ら又は第三者を利用して以下のいずれかに該当する行為をした場合には、何らの催告をすることなく、会員に対して、本サービスの利用停止又は登録の取消をすることができるものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3.会員は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等ではないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
4.当社は、本条の規定により、本サービスの利用停止又は登録の取消をした場合には、会員に損害が生じても当社は何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、これにより当社に損害が生じたときは、会員はその損害を賠償するものとします。

第31条(本サービスの譲渡等)

当社は、本サービスの事業を第三者に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い、本サービスの運営者たる地位、本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報及びその他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、会員たる地位、本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報及びその他情報の譲渡に予め同意するものとします。

第32条(本規約の有効性及び個別性)

本規約のいずれかの規定が無効又は違法であっても、本規約の他の規定はそれになんらの影響を受けることなく有効とします。

第33条(準拠法)

本規約の準拠法は、日本法とします。

第34条(合意管轄)

本サービスの利用又は本規約から生じる一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(改定日2015年11月5日)

Copyright c TEAMWORKERS All Rights Reserved.